#blog-pager-newer-link { float: left; } #blog-pager-older-link { float: right; }


  Home


| ABOUT | BBS | ENGLISH |




         

         




2017- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 :LOG





2016/04/21
[#]ヘラクレス像の“アソコ”ってな…に……

日々せっせせっせと宣伝カマしてた「ふし日記」ですが、おかげさまで本日SOLDOUTいたしました。みなみなさまのおかげです。もう二度と重版はいたしません。本当にありがとうございました。
みなさん、完売してますかーーーーーー!? わたしはしました、土屋遊です。調子こいてます。




ところでわたくし、the 3rd Burgerのサルサバーガーと苺スムージーが病みつきになってしまいました。マクドナルドの跡地にできたコジャレ店で、しかも高い(マックと比較すると)ので、最初は「チェッ! 新宿に出す店じゃないよこれ!」と思っていたのですが、今では日参……いやむしろ1日2回は行ってる……。店員さんに「あ、変なババアまたきた」って言われてもおかしくないレベルになっております。そんでスムージーを飲むたびに、1,2回頭がツーンとするのですが、なぜか「あ、わたしまだまだ大丈夫だな」って思うんです。なんの科学的根拠もないんですけど、完全老化したらツーンがこなくなるんじゃないかなって思って……なんだろこの前向き加減。ほかで活かしたい。

本日、こんなニュースがあったんですよ。
仏でヘラクレス像の“アソコ”が何度も盗まれ、市が取り外して保管することに
なんども取り外して盗んでいく輩が続出。そのため、盗難を防ぐために“アソコ”を取り外し式にして、普段は市で保管すると決定したとのこと。
このニュースをTwitterで流したところ、あるていどのRTを頂いたのですが、う~ん……。よくかんがえてみたら「ヘラクレス像の“アソコ”」ってなんだろう……ヘラクレス像の“アソコ”……んーーーーーー。アソコ…んー。わかんないなぁ~って……。


現在このヘラクレス像の股間は、鉄のボルトが突き出した状態になっているらしのですが、それはそれでちょっと……。



#4/21/2016 08:38:00 午後 このエントリーをはてなブックマークに追加



2016/04/20
[#]けっきょくわたしはまじめにフザけたのか?ふまじめにフザけたのではなかったか?

ふざけたことをマジメに考えるというか、マジメにふざける会議に参加して、話が飛躍しすぎて
「高さ20mカレーをどうして作ったのか?」
「100色ボールペンの発案者は誰?」
とか、ホラ吹き大会みたいになってメッチャ楽しかったのですみませんでした。みなさん、ふざけてますかーーーーー!? 土屋遊です。まったく反省してません。

思えば2002年あたりから、国内外のオモロネタやB級記事をせっせと収集してはお裾分けしてきました。
クソの役にも立たないってわかってるんですけど、なんなんでしょうねコレ。息をするようにネットを巡る、日課になっちゃってるんでしょうか。
べつになくても死なないワケだし、誰からも求められてない。
でもたまに、わたしにとっては宝石のようなバカネタにブチあたるわけで、そのくだらなさが好きなんでしょう、きっと。

すでにこのサイトで紹介することは滅多になく、いつもお手軽スペースであるTwitterでポイッとネタ垂れ流ししてるんですけど、昨日はたまたまた老人ネタが3つもあったので久しぶりに紹介しますね。



退役軍人だった、アイルランドの99才のおじいちゃん。
毎週クラブ通いしていた彼は、家族に見守られながら、睡眠中に亡くなったとのこと。こういうの、サイコーにクールな人生って言うんだろうなって……。
Ireland’s Oldest Raver Has Died Aged 99





Twitter上でも話題になっていた西本喜美子さん87歳。
そのセルフポートレートが最高にぶっ飛んでて、ご高齢者の発想とは思えないほど。こりゃ人生楽しんでるなあって感じ。
海外ブログででも話題になっていたので記念につぶやいてみましたよっと。
西本喜美子さんが海外サイトでも記事になっていた!





こちらはおばあちゃんご本人じゃなくてそのお孫さん。
違法露店で警察が摘発しようとすると、もうカラダ中でそれを阻止しようとする幼児の姿が本当に涙ぐましい。何度みても泣き笑いしちゃいます。すっ飛んでいって、ぎゅううって抱きしめたいくらいです。彼はすでに、必死に生きている。それに比べてわたしはどーなっとんじゃって思いました。
「おばあちゃんに触るな!あっち行けー!」

追:フルバージョンもありましたーーー!






毎日の告知

「毎日、死にたいと思っていた」

よーするに暗黒日記と思っていただいてけっこうな「ふし日記」再販しております。
残り10冊切りそうですが、ここからがハードなの。一冊たりとも手元に残したくないので、みんな買おうよ!
ふし日記通販ページ

みなさまのご感想はこちら
ご参考までに。



#4/20/2016 07:46:00 午後 このエントリーをはてなブックマークに追加



2016/04/18
[#]バカと言われない人生と下水道人間の差とは

「わたし、バカなんて言われたの生まれて初めてなんですけど!」と言われたことがあります。みなさん、言ってますかー!? もしくはバカですかーーーー! 土屋遊です。わたし? わたしは紛れもない、正真正銘のバカですね。言うまでもないでしょうが!



GoogleMapもロクに使いこなせません。


さて、前述の「バカなし発言」は、2名に言われました。小学校2年生の女の子と、24,5才のOLでした。どちらもわたしがいい歳食ってからの発言ですが、小2の女子は、泣いて家に帰りおかーさんにチクッたために「土屋さん……あまり汚い言葉を使わないでくださいね」と叱られてしまいました。はい、ごもっともです……。

まあ小2はいいとしましょう。しかし、二十歳過ぎて、「バカと言われたことのない人生」というものに、わたしは彼女と同じくらいの衝撃を受けたのでした。だってわたし、すぐ「バカ」って言っちゃうんですよ。「バカ、ちがう!」とか、「バカか」とかね、枕詞的な修飾語という感じで気軽に使っていたんですね。

そもそも本当にバカだと思ってる人とかある意味ケーベツしてる人に「バカ」なんてぜったいに言いません。言うわけない。言う価値がない。そこに愛があるからこその「バカ」。これ、わかります? とか話してたら、「甘えだよ、甘え」とまた叱られたわけですが、んー。

たしかに「甘え」と言われれば、そんな気もしなくもない。わたしは自分にも甘けりゃ人にもすぐ甘えてしまう。そうだ、初対面の人に向かって「バカ」なんていわないものね。

だいたいわたしは自分がとびっきりの底なしバカで下水道人間だと思ってますから、自分よりバカな人なんて滅多にお目にかかれないわけですよ。もちろん「バカ」と言われようが、思われようが屁でもありません。そんなわたしが心の底からバカなんて言うはずないんだけれども、「ああ、バカと言われない人生もあるんだなあ~すごいな、それ」と妙に感心してしまい、そして真に受けられるのはちょっと心外なので、これからはやや注意を払おうと思ってるんだけど、その見極め、どーなの? 大変そうじゃない? でもってそうなるとアレかな。お利口になっちゃうのかな。やあーだぁー、どうしよう。



毎日の告知

「毎日、死にたいと思っていた」

どす黒いスライムにいつも覆われていたような、そのうちの1年を綴った「ふし日記」再販しております。
手元に一冊たりとも残したくはないので何卒よろしくお願いいたします。
ご購入はこちらまで。
ふし日記通販ページ

みなさまのご感想はこちら
ご参考までに。



#4/18/2016 02:38:00 午後 このエントリーをはてなブックマークに追加



2016/04/15
[#]イカ!イカ!イカ!(トラ!トラ!トラ!のごとく)

最近、飲み会で「アソビは飲んでないから(下戸)○円でいい」と言われることが多いのです。前々からその傾向はありましたが、なんだかそれが破格。「いやいやいやいやそれはないっしょ」とおばちゃんのような押し問答をおばちゃんだからするわけですが、本当にお得気分。けっこう食べてるからな~悪いな~あははーと言いながら、出したお札を財布に仕舞う土屋遊です。
さーて、今日も飲み行ーこーおっと。(飲まないけど)

東京五輪に猛反対している人が、ロゴについてもアレコレ意見する(とくに文句)のってわたしにとっては不思議なんだけど、なんなんですかねアレは。
だって猛反対してるんだったらロゴなんて鼻クソくらいどうでもいいし、むしろ鼻クソの方が重要なくらいだと思うんだよね。
きらいきらいも好きのうちとかいうアレかな。そうでもないかな。
文句言いたい病とかかな。どうでもいいのかな。


本日はデイリーポータルで書いた記事がアップされとりますのでそちらもよろしくおねがいします。
水道水を飲みつつ、美味のイカ、堪能いたしました。


イカ!イカ!イカ!170円の店にとうとう突撃 - デイリーポータルZ:@nifty





毎日の告知

「毎日、死にたいと思っていた」

しかばねのようになんとか生きぬいた1年を綴った「ふし日記」再販しております。
手元に一冊たりとも残したくはないので何卒よろしくお願いいたします。
ご購入はこちらまで。



#4/15/2016 04:55:00 午後 このエントリーをはてなブックマークに追加



2016/04/14
[#]顔面パックとはじめてのオフ会2000

弟の彼女が、弟の部屋から顔面パックをしたままリビングに出てきたんですけど、あれはやっぱりウケようと思っていたのかな……だったら悪いことをしたな……と後悔しきりの土屋遊です。みなさん、パックってますかーーー!? わたしは生まれて一度もやったことないんですけどアレって効果あるんでしょうか。どうでもいいでしょうか。



今日はべつに書くこともないので、わたしが初めてオフ会らしきものをしたときの様子を転載してお茶をグチャグチャに濁したいと思います。案外遅く、2000年のことでした。

そーっれ!

コレステロール伊藤宅で、オフ会らしきものをやったときのこと。

あみにょんとは初対面。
神田ぱんのことを「上品な人」と書いた彼女がいったいどんな人物なのか、どんな食いもんを食って生きているのか視力はどうなんだ日本語喋れるのか、と、興味は尽きなかったのだが彼女はやっぱりロシア人でしかもかわいかった。
ずいぶんと謙虚なロシア人で、どう見てもCかDのバストを「AとBの中間」と言い張り、途中参加の友人のピロリに
「どうみつくろってもCはあるっしょ?」
と100回くらいセクハラを受けていた。
納得できないピロリはコレステロールに
「触って確かめてくれよ」
ととにかくしつこい。
そのたびに聞いてもいないのに神田ぱんが
「私はFだ」
と言っていたがもちろん誰も聞いてはいなかった。

ちょうど包茎の話で
「青から紫のグラデーションがどうのこうの……」
と私が力説してる最中、突如コレステロール伊藤ママが台所の窓から現れた。彼女には学生の頃さんざん怒られた過去があるのでちょいビビるがすぐ帰ってしまった。が、また包茎の話をしているときに彼女はケーキを持って再び登場。本格的にビビる。ただただ包茎の話が聞きたかったのかもしれないな、と今気付いたんだけど。

寿司の段階で元ダンナが来る。
例のごとく、トナカイは本当に飛ぶ、UFOを見た、宇宙っていったいどーなってんだと言い出してみんなでバカにしていたら神田ぱんが何か催眠術にひっかかったのか急にヤツの味方につきだした。元ダンナは生まれてはじめての展開にうれしくてうれしくて仕方ない様子でひどく満足げだ。しゃくにさわる。でも神田ぱんはかけ算ができないので仕方ないなと思った。

これってオフ会なのではないかと言うことになって、みんなで名札をつけようとか、コレステロールと私の母校にきもだめしをしに行こうとか、何も実行しないままダラダラと過ごした15時間。
「そろそろおいとましましょうか」
などと思ってもいないのに3回くらい言っていた神田ぱんがけっきょく一番最後まで残っていた。まあコレステロールとは姉妹みたいだし、煙草もおごってくれたし、待ち合わせのお茶代はバックれられたし、かけ算ができないので仕方ないなと思った。

そしてあみにょんを送った帰り、ピロリはまだ
「あれはぜったいAじゃないぜ」
としつこく言っていたが、一番ヤらしいのは、あみにょんがいなくなってから
「ぜったいちがうよな」
と断言した元ダンナのほうだと思う。



毎日の告知

「毎日、死にたいと思っていた」

真っ暗闇の1年を綴った「ふし日記」再販しております。
手元に一冊たりとも残したくはないので何卒よろしくお願いいたします。
ご購入はこちらまで。
ふし日記通販ページ



#4/14/2016 06:48:00 午後 このエントリーをはてなブックマークに追加



2016/04/13
[#]怪人の死因と、ふし日記未公開分とのギャップで攻めてみました

頭部を打撲して、いきなり頭が悪くなる人はいるのに、急激によくなる人がいないのはどうしてか? という難問にブチ当たって悩ましい土屋遊です。艶かしかったらよかったんですけど、頭でも打てばいいのかな。

以前掲載しましたが、何度読んでもおかしくてたまらない『ゴレンジャー』全怪人死因リスト
みなさんにもその死因のマヌケっぷりを共感していただきたく、再掲載いたします。



『ゴレンジャー』全怪人死因リスト

私はゴレンジャーの大ファンで毎回見ていたはずなんですが、こんなにおもしろいものだとは……。

一部抜粋
・茹でて食べたら爆死した
・懐かしのマイホームが嬉しかったらしい
・本部に電話した
・猫扱いされたのがよほど嫌だったらしい
・直撃手鞠が頭にくっついて取れなくなり爆死
・観音菩薩をキャッチした
・入れ歯はもう結構だったらしい
・チャンネルを回され「おわり」と表示された
・顔が削れて痛かった
・ヤカンの湯が沸いて熱かったらしい
・ピアニストと称した人形にメチャクチャに弾かれた
・蝶が顔に張り付いた
・モグラを踏んだ
・すっぽんに噛み付かれた
・なつかしの海を思い出した
・扇風機によって逆回転させられた
・冬眠がいやだったらしい
・ピアニストと称した人形にめちゃくちゃに弾かれた
・空気入れで空気を入れられすぎた
・猫扱いされたのがよほど嫌だったらしい
・カシオペアというか、Wの文字が苦手らしい


毎日の告知:ふし日記

……というか、本題はココからです!
日々宣伝活動に余念がない「ふし日記」ですが、とうとうご予約者数に達しまして、在庫があまりに余っております。
ここで、大変遺憾ではありますが、「ふし日記2」のために書いた一部を掲載いたします(もちろん未掲載分)。まーそのうち消すかもしれません。とにかくご購入の参考にしていただければ幸いです。
つーか在庫、手元に置きたくないの! イカタコ本とはちがうの! 買って!

両手に乗るほど小さかった息子が、わたしの背丈をゆうに超てしまったことは当然のことのようでいて、とてつもない超常現象のように感じることさえある。彼を思うとき、わたしはいつも切ない思いで胸がはりさけそうになる。見上げる息子の心はまだ、この両手に収まるくらい小さくか弱い真綿のように思えてしかたない。
 昔から彼は、同じように飄々としているだけなのに、ただ、じぶんに対する卑屈な思いがそうさせてしまうのかもしれない。
 単なる親の甘さなのか。大切な時期に、全身全霊で彼のためだけに生きなかった後悔の感情なのか。わたしが『死』を選択したとき、彼が躊躇を促す存在にならなかったことへのうしろめたさなのか。
 あるいは、そのすべて。
 背徳を感じる唯一の対象が、じぶんの息子だというこの惨禍がカタストロフィをまねくことはなんとしても回避しなければならない。
 ある日突然、ポイッと塵箱に投げ捨てられたドブネズミのような母子でも、防災頭巾をかぶり、しっかりと繋いだ手をけして離さずに身を守ることくらいは許されてもいいだろう。
 息子がその手を自ら離すとき、足腰が立たず、動けなくなった母を置いて『かなしみ』という災害から逃げるとき、わたしはようやく背徳から解放される。


あ、あと、ご購入いただいた方は、酷評でも結構ですのでTwitterなどでご感想いただければ大変うれしく思います。


何卒よろしくお願いいたします。
ご購入はこちらまで。



#4/13/2016 04:30:00 午後 このエントリーをはてなブックマークに追加



2016/04/11
[#]リア充と、仮面リア充と

久しぶりに体重計に乗ったら、60kgありました。
驚愕のあまり以前の体重を思い出せないというショック状態の土屋遊です。
みなさん、乗ってますかーーーーっ!(性的な意味でなく)



「だってあの人、リア充でしょ?」と言われたことがありました。ニュアンス的には悪い意味で、です。まあなんの世界においてもそうですけども、このリア充界隈にも本当のソレと虚像のモノがあると思ってるんです。

哀しいリア充も然り、です。
うろちょろし、各イベントには滞りなく参加、誘われれば断らず、友人知人が浴びるほどいて、毎日分刻みスケジュール盛りだくさんの日々。金銭的なよゆ~もある。それが完全なるリア充かというとそうでもないということもあります。いえ、体裁はリア充でも、中身が限りなく「虚無」であることもあって、それは本人にしかわからない。
でもそれがリア充なのです!!!!! といわれればそれもまたそうかもしれないけれど、幸せか楽しいのかと問われればそれは中身が答えることになる。

つまり、軽視した使い方でもって、リア充は使わないほうがいいんじゃないかな~と思ったりもしました。自戒? そんなもん込めてません。

ちなみにわたしが思うリア充とは、家庭(個人の生活)内が円満にいっている、その自覚。それに尽きます。
仮面夫婦もあれば、仮面リア充もあるってことです。こっちの方がわかりやすかったかなあ~。

そんなことよりみなさんも、今日は心して体重計に乗ってみてください。
まあ、体重計じゃなくてもいいですけど。
よろしくお願いいたします。






毎日の告知

「毎日、死にたいと思っていた」
真っ暗闇の1年を綴った「ふし日記」再販しております。
贈答品にはたいへん向いてない本で、万が一そんなことをすれば頭おかしいと思われるような本ですがよろしくお願いいたします。

ご購入はこちらまで。




#4/11/2016 06:33:00 午後 このエントリーをはてなブックマークに追加



2016/04/08
[#]あああああーーーっ! といっしょに叫んでくれたひと




わたしが大声で「あああああーーーっ!」と言ったら、その大声にかぶるように「あああああーーーっ!」とほぼ同時に叫んでくれた人がいた。

なぜその人も叫んだのかといえば本人もよくわからず、とにかく私の「あああっ!」に合わせてなにがなんだかわからないものの、とにかく「あああっ!」とふいに叫んでしまったのだそうだ。
あれがものすごくおかしくておかしくてしばらく腹を抱えて笑っていたんだけども、実はわたしはあのときの相手の大きな口だけを鮮明に覚えているものの、わたしが何に対して「あああっ!」と言ったのか、それがどの場所でどのシチュエーションだったのか、そして信じられないことにその相手が誰だったかさえ覚えていない。
そんなことあるものか。と、読者のみなさまは思うかもしれない。 いいだろう。わたしだって今思い出そうと悶絶しているのだ。 たしかわたしより10あるいは15才くらい上だったような気がするのだがとにかく相手の顔(というか誰だったのか)がまったく思い出せない。わけもわからずいっしょに叫んでくれるくらいだから、おそらくそうとうな同情派だったんだろう。
多分、あの大きな口があまりにも印象的で他のことがかき消されているのではないかとわたしはわたしを推理する。

そういうことってないですか? 多分ないだろうけどわたしはある。今あった。





毎日の告知

真っ暗闇で手探りでもがきまくっていた1年を綴った日記。
手元に一冊たりとも残したくはないのでご購入いただければ幸甚でございます。
ご購入はこちらまで。



#4/08/2016 02:18:00 午後 このエントリーをはてなブックマークに追加



2016/04/07
[#]見辞意閣内よっ、どれの事?津ぃ俺もちゃんとかEしてよ

ごらんください。
この支離滅裂な文章を。




書いてあるとおり、結果解読できたのはいいのですが、ほんと、とにかく「服あげる」とムリヤリくれといて、いきなり「やっぱり返して」とかいうの、マジやめてほしいです。そんなにわたしに会いたいのでしょうか。
どうも、あげたはいいけど、しわくちゃにしていたり、汚したり、地べたに座ったりするのを見て急に返して欲しくなったり、あるいはわたしが着ているのをみてイイナと思い、(まだわたしの歳でもイケるのでは?)と思うのが原因のようです。だったら最初っからいらねーっつーの! しかし「いらない」というといつまでもネチネチネチネチ文句を言ってくるのです。アレ、アレが耐えられない。ほんとどうにかしてほしいです。

そんな娘大好きなオカン、先日売店にてウーロン茶を探していたのですが、結局ないことを知って店員さんに言い放ったコトバがこちらになります。
「まさかウーロン茶隠していませんよね?」
どうやら、ウラの在庫とかにあるんじゃないか? ということが言いたかったらしいのですが、そんなこと通じるはずもありません。幸い、やさしい店員さんだったために救われましたが、わたしは他人のフリをするしか選択肢はありませんでした。

LINEといえば、いとこグループなるものもあるのですが、まさか昨日の昼間やりとりしていた相手が従姉妹の娘、しかも小2だったとは……。ね。





毎日の告知

真っ暗闇の1年を綴った「ふし日記」再販しております。
内容はダークですが、開運を招きますのでよろしくお願いいたします。
ご購入はこちらまで。



#4/07/2016 04:43:00 午後 このエントリーをはてなブックマークに追加



2016/04/06
[#]よくわからないはなし。

(via Amusing and Witty Illustrations by Shusaku Takaoka – Fubiz Media)


こんにちはーーーーーーーっ!
病気によく効く昆虫のページをフト思い出して必死に探していたらこんな時間の土屋遊です。たしかね、喘息には赤トンボだったと思うんですよ。


さて、英語で話していて、少し考えているときの言葉として「ああ……」というのがありますよね。
日本語に訳すと「ええーっと」みたいなもんだと思うのですが、パターンとして「ああー」の語尾に小さい、ホントに小さい「ん」が入るバージョンもある。

それはいいとして、日本語で会話をしているときに「ああー」と言うと、帰国子女みたいなんじゃないかということを脳内で発見しました。帰国子女と思われたい時に有効だと思います。だけど英語、ちっともしゃべれないの。そういう意外性というか、バカみたいなささいなことを率先して突き詰めて行きたい、そんなふうに思っております。
けれどももっと深入りすると、きっと「ああー」だけでは飽き足らずに「いいー」「ううー」「おおー」に挑戦してみたくなると思われます。母音はわりと「ありがち」な錯覚に陥ることでしょう。ようするに慣れだ。いろいろと検証(脳内で)した結果、いちばん不自然なのは「い」の段だということに気付きました。その中でも群を抜いて違和感ナンバーワンは「み」だと思います。
以上、発表でした。
社内ミーティング、ホームルームの議題に困った時は、このネタで勝負をふっかけてみてはいかがでしょうか。よろしくお願いいたします。




毎日の告知

真っ暗闇の1年を綴った「ふし日記」再販しております。
手元に一冊たりとも残したくはないので何卒よろしくお願いいたします。
ご購入はこちらまで。



#4/06/2016 06:40:00 午後 このエントリーをはてなブックマークに追加



2016/04/04
[#]ふし日記 再販いたしました。みなさまのご感想など。

ふし日記 4刷出版いたしました

「毎日、死にたいと思っていた」


(via ふし日記4 | Asobi books)

今考えるとなんてバカバカしいんだ! 

でも真っ暗闇すぎて、そこから抜け出す術などまるっきり見えなかった。生や死と向き合って必死にもがいて途方にくれた、そんな終わりのなさそうに見えた生活期間がわたしにもありました。
そのうちの1年を綴った日記です。

どういうわけか再販いたしましたので、未読の方もそうでない方もふるってご購入いただければわたしがうるおいます。
よろしくお願いいたします。

ふし日記通販ページ

「ふし日記」

▼文庫サイズ
表紙 カラー
本文 モノクロ 180P
価格 750円(送料別+205円)

発行 土屋 遊 (つちや あそび)
Web:http://wtbw.net/

写真:いくしゅん
Web:http://d.hatena.ne.jp/ikushun/

題字:ひらのりょう
Web:http://ryohirano.com/


※ご予約いただいた方には本日発送いたしました。


前回みなさんにおよせ頂いた感想を掲載いたします。
ご購入の参考にしていただければ幸いです。

「ふし日記」がとてもよかった。死にたいっていっぱい書いてある。自分がわからないとも。でもそこにどうしようもない生命力を感じる。まだ死なないでほしい。遊さんにはうぎゃあああああって言っててほしい。 pic.twitter.com/piGuqnYW22






えーもう1度、書いておきます。
通販ページはこちらになります。
よろしくお願いいたします。



#4/04/2016 04:23:00 午後 このエントリーをはてなブックマークに追加



2016/04/01
[#]わたしは年がら年中時代の最先端をいっているな?

こんだけ生きていると、何年間かに一度の割合でわたしの時代がきます。
ええ、太マユです。

(via Fancy - White Homies Beanie by Brian Lichtenberg)

深く突きつめて所要時間3秒で考えてみたところ、わたしは随時時代の最先端をいっているのではないか? という結果に落ち着いたわけです。みなさま、ありがとうございます。どうぞえんりょなくわたしを追随してください。もうなにを言ってるのか自分でもわかりません。では本題こと告知に入ります。




新しく生まれ変わったバズリーポータルZにて、朝の時短に最適なライフハックを書きました。
もういいやいいやどうでもいいやと思い、寝起きのムチャクチャなるスッピンを晒しておりますが見なかったことにして記事だけ読んでください。よろしくお願いいたします。
時は金なり!歯ブラシを冷凍庫に入れておくと時短できるってホント? - バズリーポータル Z:@nifty







毎日の告知

真っ暗闇の1年を綴った「ふし日記」再販いたします。
ご予約はこちらまで。





サイト名:
Weekly Teinou 蜂 Womanほか
正式アドレスhttp://wtbw.net/
土屋遊またはbw
管理人について

 MENU1

Deep Red Diary
日記ログやテキスト。日記じゃねえじゃねーか等の恐喝類のメールは今まで山ほどもらってますので今更だすなバカ。

ASOBIネタ速報
「めざめよ!」こそめざめよ!

速報ネタ帳です。こちらでブックマークしたものを、コメント付きで即日・翌日あたりにメインで掲載しております。没ネタもあり。現在公開限定中です。


B級マニア新聞
国内外問わず、マヌケな事件・下ネタニュース・仰天報道をコレクション。

 投稿型MENU

参加型メニューがこんなにあります。バカみたいですNE!

ファッケロホール
モンモンした性の悩みを笑い飛ばしましょう。下半身相談。明るすぎる性教育ページ。

低能文学マガジン0点
ミニコミ。複数の低能人によるレポートコラム小説など。

ジャンクポエムアート
ジャンクなポエムとアート。投稿は掲示板です。バカポエム待ってマス。

VS uranai
異母姉妹、コレステロール伊藤とマダムXの占いバトル。当サイトのマスコット珍獣伊藤ちゃん目撃情報満載なの。


写真館(by flickr)
たまに撮った写真をアップしています。

www.flickr.com

 アンケートログ

Pool Station
ハチではたまあにアンケートを実施しています。そのログなどをぼくなつバージョンでご紹介いたします。


連絡はこちらまで

Weekly Teinou 蜂 Womanは低レベルな人種に適したサイト構成になっています。
基本形はバカです。バカを強調します。

現在は主にマヌケニュースや海外バカエロサイトの紹介などをして喜んでいますが、ご覧の通りほかにも色々やってます。




 MAIN MENU

一日数回超常現象のように更新するときもあります。頭おかしいんでしょうか。


ここ深紅日記&トピックス(DRD)
NEWS&トピックス、及び日記の最新2〜3日間くらいは全てココ。紛れもないメインページです。
最新は一番上に。

||DRDの解説もどき||
▼■はサイト、□はニュース記事になります
▼(en)は英語サイト、英語記事、もしくは不明語
▼リンク先はまれに18禁、グロテスクな画像を含みます。そうゆう趣旨ですのでお気づかいなく。
▼それでもこのページをはてなアンテナに追加します。か?
▼朝ごはんを食べることを随時目標としています。

twitter.com
更新状況とゴミメモ。あまり存在を知られていませんがメインに載せるか迷った記事や「歯が痛い」とか「腹減った」など体調の変化、そしてうさばらしにも利用しています。


 メルマガ

超不定期のサギ的メルマガを発行しています。ご希望の方は下記のどちらかにメールアドレスを入力の上『登録』ボタンを押すだけ。サギだけに。絶滅危惧種。
現在休止中です

まぐまぐ>
 
上のフォームから送信できない方はメールで受付
 
 過去のMENU
 いい人田中耕一さん
 B級投稿マニア
 まわし蹴り新聞
  373*73バナーミュージアム

▼参加停滞サイト
関心空間(bwの空間)

 コミニケイションMENU

D.B.D.B.けいじばん
正式名はドバドバなのです。現在休止中

和風Guest-Book
ゲストブック。和風味にキメてましたが休止しとる



Asobi antenna
リンク更新チェッカーです。毎日フル活用してるんだゾ
うちへの登録は
http://wtbw.net/
を推奨します。

ハチバナータンカリンクス
コメント作成に精魂使い果たしましたね。カテゴリ別に紹介。
弊社バナーはこちら

 姉妹サイト

Geisha asobi blog
国内外のバカサイトを毎日紹介する外国人向けWeblogです。当サイトと内容は被るので見るだけソンです。
英語がヘンですよ、とかいちいちメールしないで下さい。私は日本人です。


 今月の課外活動(おしごと)

デイリーポータルZ-コネタ 
@niftyデイリーポータルZ上で、書いてます。自主規制がわりかし大変なの。ネタの提供もお待ちしています!


ひとりごとライブ



 本日のオススメ



Damien Hirst


  





1997-2007 Asobi(bw)Tsuchiya W.T.B.W.1996-20xx. All Rights Reserved.
Contact wtbw@nifty.com with questions or comments regarding this site.





リンクはフリーです。顔文字もフリーです。なんでもだいたいフリーです。 まさかいらっしゃらないだろうとは思いますが、使用している画像の転載などもおおまかにフリーです。 もしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、 管理人の画像をTシャツプリントしたい・マグカップにしたい・年賀状用の画像に使用したい等も完全フリーでしたがこれに最近「フィギアにしたい」も加わりました。全てフリーです。趣味はパンチラです。覚えておいて下さい。


Back to Top of Page